METHOD OF TREATMENT

タトゥー・刺青の治療方法

切除法

早くタトゥー・刺青を消したい方
レーザーには反応しにくい色の刺青の方にお勧めの治療法です。

  • 切除
  • 縫縮
  • 術後

急いでタトゥーを取りたい方、ケロイド体質の方、除去範囲の小さい方におすすめの方法です。タトゥー・刺青の入った部分の皮膚を切除し皮膚を縮める切除法は、1回の手術でタトゥーを除去できるため、非常に有効な方法といえます。
傷跡は、タトゥー・刺青のデザインによって、直線であったり、ジグザグであったり異なりますが、いずれも仕上がりは一本の線状(傷)になり、傷跡が目立ちにくいこともメリットです。また、部分麻酔をして手術を行うので、入院の必要もありません。
除去範囲の広い方は、2~3回に分けて手術することが可能です。手術と手術の間隔は、皮膚の状態が完治して施術が可能となるまでの3~6か月が必要になります。
レーザー除去が効きにくい緑や黄色の部分は切除法で、黒や青の部分にはレーザー治療法を行うなど、施術の組み合わせも効果的です。また、手術でできる限りタトゥーを切除し、残った細かい部分をレーザーで除去することもできます。
まずは医師と相談しながら、自分に合った治療方法を決めていきましょう。

施術時間 名刺サイズ:約50cm2で40分前後(目安)
お風呂 翌日よりシャワーは可能。入浴は抜糸翌日から
通院 抜糸を行うため7~10日後に通院が必要
術後の処置 処方される軟膏を抜糸の前日まで塗る。抜糸後は傷跡が広がらないようにテープ固定を一定期間続ける
こんな場合にオススメ
  • 急いで取りたい方
  • 名前などの文字のもの
  • ケロイド体質の方
  • レーザーが反応しない色のタトゥー・刺青の方
治療方法 切除法
回数 1回程度(個人差あり)
広範囲
治療期間 分割する場合3~6カ月に1度
適応 線状の傷跡が残るが、小さいものなら一度で終了する
特徴 幅によっては1回の治療で除去できる
色素の深さ、色に関係なく確実に除去できる
早期治療に適している
局所麻酔で可能(入院の必要なし)
注意点 大きさが限られる
切開線が残る
刺青除去部分と周辺皮膚とを比べると色・質感に違和感が生じることがある

費用が心配の方のために他院での見積もりについても丁寧にお応えいたします。

ページトップへ